ローランドてんかんの発作で嘔吐することがある?

ローランドてんかんの発作で嘔吐することがある?

長女のメイが小学校4年生になる直前の春休みにリビングで昼寝をしていて大きなてんかん発作を起こしたときは本当にびっくりしてしまいました。

初めてのことだったのでびっくりして救急車を呼んでしまい、これまでも何度か受診していた近所の総合病院に運ばれました。

そこで「頭が痛い」と言って嘔吐してしまったメイ。小児科医は「てんかん発作のあとは頭が痛くなったり嘔吐しやすくなる」と説明してくださいました。

ちょっと調べたのですが、てんかんの種類によっては吐き気や嘔吐が起こりやすいものがあるようですがローランドてんかんの場合は特に嘔吐しやすいわけではないようです。

メイは幼稚園時代、寝入りばなに嘔吐してしまったことが2度ありました。兄や妹は1度もそのようなことはなかったです。

泣く女の子

幼児の場合「パナエトポラス型」と呼ばれる良性後頭葉てんかんで吐き気や嘔吐から発作が始まることがあるそうです。

この種類のてんかんは発作の合計回数が5回以下で自然治癒する子が多く、3割の子は発作がたったの1回だけだそうです。もしかしたらこれだったのかもしれません。

いわゆる普通のローランドてんかんの場合、通常の発作ではものすごく嘔吐が起こりやすいというわけではなさそうです。

ただメイの場合、救急車で運ばれたあの時はてんかんの発作の波が脳全体に広がってしまったと思うので強い頭痛や嘔吐が起きたのかもしれません。

いちばん軽い発作だと「唇が勝手にぷるぷる震えるだけ」だったこともありましたが、手足までけいれんするような大きめの発作だと終わった後もしんどくなりやすいようです。