ローランドてんかんは遺伝するてんかんだと主治医から言われました

ローランドてんかんは遺伝するてんかんだと主治医から言われました

ひと口に「てんかん」と言ってもその原因には色々ありますね。生まれるときに脳に傷がついたり、低酸素状態、脳炎、脳出血、脳梗塞、交通事故などが原因で起こることもあります。

ある知人は交通事故で脳波に異常が出たので念のため2年間抗てんかん薬を飲み、その後脳波がキレイになったので治療を終了したそうです。

上記のような原因がはっきりとあるわけではなく、脳MRIをしても異常が見つからないのにてんかんを発症することもあります。

ローランドてんかん(中心・側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん)もまた、原因がはっきりと見つからないのに発症する「特発性てんかん」のひとつです。

そして主治医がおっしゃることには「ローランドてんかんってね、遺伝なのよ。だからお父さんかお母さんのどちらかが子供の頃にこういう脳波を持っていたはずよ」!

遺伝とはっきり言われてビックリしました。私も夫も子供の頃、てんかん発作を起こしたことは1度もありません。そもそも脳波を調べたこともありませんでした。

そしてメイの兄も妹も、今のところてんかん発作を起こしたこともありません。熱性けいれんすら、きょうだい3人の中で誰も経験したことはないです。

おそらく、遺伝と言っても100%必ず発症するわけではないのだと思います。また、てんかんの脳波を持っていても一度も発作が起きない場合もあれば、脳波検査で異常が見つからないのに発作が起きる人もいるそうです。

だから夫か私のどちらかが子供の頃に娘と同じような脳波を持っていて、1度も発作を起こさないまま思春期以降に勝手に脳波が正常化した可能性はあります。

「遺伝」と言われてしまうと、将来娘が産んだ子供にも同じ病気が出るのではないかと心配になります。

でもローランドてんかんのような遺伝性の強いてんかんのほうが完治する可能性がずっと高いので、考えようによってはそんなに悩まなくてもいいのかもしれません。

それにきょうだいの中でてんかんを発症したのは長女のメイだけで、あとの2人はまったく何ともないわけですから。そう高い確率で出るものではないのかもしれません。

私の友人に、子供の時は何ともなかったのに成人してから突然てんかんを発症した人がいます。何という種類のてんかんなのかまでは聞いていません。

またご主人が車の運転中になんだかおかしくなり、てんかんだと判明した人もいます(事故にならなくて本当に良かったです)。

子供の頃に発症する人が多いとはいっても、ある意味誰でもいつてんかんを発症するかは分からないと思います。だからこそ、他人事だと思わずに誰もが気を付けないといけないです。