嘔吐から始まる幼児のてんかん発作がある?

嘔吐から始まる幼児のてんかん発作がある?

長女のメイがローランドてんかんと診断されたのは小学校4年生になる前でしたが、気付かなかっただけで軽い発作らしきものはけっこう前からありました。

小学校2年生の時だったか、寝る前に本を読んであげているとスウッ!と変な声を出して息を吸い込んだことがあり「どうしたの!?」と訊くと「わからないけど、たまにこういう風になるの」と答えたんです。

さて、メイは幼稚園の頃、寝入りばなに突然嘔吐してしまったことが2度ありました。

お兄ちゃんも妹もこれまで生きてきてほとんど嘔吐したことはないのに、なぜかメイだけが…その時は胃腸炎でも風邪でもなく、突然強い吐き気に襲われて嘔吐してしまったようでした。

最近知ったのですが、幼児によくある「パナエトポラス型」と呼ばれる良性後頭葉てんかんがあり、吐き気や嘔吐から発作が始まるそうです。

良性後頭葉てんかんはローランドてんかんと同じく特発性部分てんかんで予後は良好とされていますが、この2つは別物ですよね?それとも成長と共にてんかんの病巣?が移り変わっていくことがあるのでしょうか。

ただパナエトポラス型のてんかんでは、嘔吐から発作が始まり、眼球の位置がおかしくなって意識を失ったりしてけいれんを起こし、重責状態になることも多いんだとか。

メイは嘔吐だけで、その後けいれんを起こしたりは当時はしなかったと思います。もしかしたらてんかんではなく、たまたま2回嘔吐しただけなのかもしれませんが真相は謎です。

結局、メイが眠ってからいきなり嘔吐したのは2回だけです。パナエトポラス型では3割の子が「たった1回だけ」の発作で自然治癒するそうで、発作が5回以下の子が多いのだそうです。

子供が嘔吐する原因はいろいろあるんですが、こういうこともあるということです。でも、結局てんかんだったのかどうかは今となっては分からないです。